寝心地研究所 体に心地よく吸い付くマットレス『サータiSeries ノーマルBOXトップ』

Negokochi title

第一回 <体に心地よく吸い付くマットレス 『サータiSeries ノーマルBOXトップ』>

こんにちは、府中家具の館 中島剛志(なかしまたかし)です。
このたび、お客様の寝心地の追求をお手伝いするために、寝心地研究所をはじめました。
一日の1/3が睡眠と言われます。寝ているときは当然形は意識することはありません。そのため、睡眠の家具<ベッド>はデザインではなく、なによりも機能がとても大切だと思います。
その機能をメーカーの宣伝文句ではなく、私、中島が感じたことを率直なことばで、よりお客様目線でお伝えしたいと思います。
今回は、サータiSeries ノーマルBOXトップという製品です。
serta
NewImage

特徴は、ひとことで言うと、「寝てみんとわからん」です。

当店展示の製品で実際に寝てみました。
DSC5274
2013年の秋に発売されたもので、取扱店も少ない新しいタイプ、新しい感覚の商品です。
そのため、ことばで説明するだけではなかなか分かっていただけません。
それでも
お店で普段接客していてお聞きすると、これを試していただくと、必ず「これは違う」とことばを漏らされます。
百聞は一見にしかずと言いますが、そのように肌を持って感じます。
それでも、説明を試みます。
ただ柔らかいでも、硬いでも無い、特別な肌に吸い付く感じがします。

長く寝ていても突っ張らず、少し背伸びした心地よさ

DSC5284
優れた体圧分散を求めて採用した技術により、長く寝ていても体の部位(腰など)が突っ張らず、
体が求める自然な姿勢で心地よく眠ることが出来ます。
圧力がかかる部分(重量のあるお尻など)はしっかりマットが受け止めます。逆に重量の小さい脚や頭は浮いたような状態になります。
これが理想の寝心地が得られた状態なのです。

1. 特殊なジェルを詰め込んだ「Gel Memory Foam(ジェルメモリーフォーム)」を搭載したマットレス。
→ 背中全体を包み込んで、特定の部位への負担が少ない。夏は熱がこもりにくい。

スクリーンショット 2014 03 03 午前11 00 48

2. 樽型のポケットコイル(バネ)

→ 密度が高いコイルの配列で、高い耐久性。カーボンやマンガンを含有すると高い水準のコイルと言われますが、ふんだんに使用することで高い耐久性を実現。

スクリーンショット 2014 03 03 午前11 00 14

 

3. ジャンプキルト

→ キルティングがまばらなため、圧力がかかった部分だけ沈み込んで、体に最適なマットの張り。

NewImage

スクリーンショット 2014 03 03 午前10 57 02

4. 3ゾーン交互配列

→ 肩、腰、脚に最適な配列で腰への負担が少ない。

NewImage

5. エアーレット3列

→ 側面に穴が3つ空いていて湿度が逃げやすく、蒸れにくい。

スクリーンショット 2014 03 03 午前10 59 13

店内の様子


他ではほとんど扱っていない製品ですので、ぜひ当店にて体験してみてください。
ほかにも、シモンズ、フランスベッド、ドリームベッド、家具の街・府中で作った当店オリジナルのベッドも多数展示を行っています。


2014-03-03 | カテゴリ ベッド, 寝心地研究所No Comments » 

このページ(商品)に関する問い合わせ

会社名など(会社からのお問い合わせの場合)
必須お名前
必須メールアドレス
ご質問事項

関連記事

展示中商品
店内でご覧いただける家具
店内写真
品揃えは10,000以上