チェアとベンチの違いについて

ダイニングテーブルに組み合わせるものとしてチェアが最も選ばれます。しかしチェアの他にベンチが使い勝手とコストの面で優れていることは見落とされがちです。 確かに、チェアは背もたれがしっかりあって、動かしやすいところが優れています。しかし、選択肢としてベンチがあることをしっかりとお伝えしていきたいと思います。

以下の家具の写真を押していただくと当社取り扱い商品のページに移行します。

チェアとベンチの違い

チェアとベンチの違いを説明いたします。最も大きな違いは、チェアは1人がけです。ベンチは2人以上の人が腰掛けるというところです。見た目も大きく異なります。

チェアの特徴

一人がけで、アーム付き、材質、サイズの種類も多い。ベンチには背もたれがないものが多いが、チェアに背もたれがあるのも特徴です。そしてベンチより重量が軽いものが多く、掃除などもしやすいです。そして、背もたれがあるところから、奥行き方向に面積をより多く必要とするため、狭い場所に設置するのは難しいです。

ベンチの特徴

ベンチは複数の人が腰掛けることができます。そしてチェアよりも奥行き方向に面積をとりません。また、基本的に背もたれがないのでチェアのように後ろに引いてから腰掛けることも必要ありません。そのため、壁などのあまり余裕がないところに設置しやすいのが特徴です。※背もたれがあるものもあります。一般的に座面にはクッション材がついていないものが多く、シンプルなデザインのものが多いです。そして、コストパフォーマンス的に、3人がけのベンチはチェア3脚よりも安い場合が多いです。そのため、予算を抑えていいものを買いたいという時にはベンチでチェアの代用を行うことも良い選択肢かもしれません。

まとめ:スペースとコストを抑えるのにはベンチ、こだわるならチェア

スペースとコストを抑えたい時にはベンチが最適です。そうでない場合はチェアがオススメです。そしてチェアの場合は商品の種類も多いのでお好みの座り心地を選んでいただけます。

当店おすすめ:チェアのようなベンチ

福山市、広島市、岡山県からも多くのお客様が来られる府中家具の館は、座るための家具、チェアやベンチを数多く取り扱っています。その中でもオススメで、あまり知られていない家具をご紹介したいと思います。今回は特に、ベンチとチェアの良いところを併せ持った家具を紹介いたします。

組み合わせてベンチのようにつかえるスツール

背もたれのない簡単な椅子、スツールを組み合わせてベンチにできるものがあります。これであれば、普段はベンチ、お客さんが来られて、椅子が足りない時はスツールとして使用ができます。

形がチェアのようなベンチ

それから、形がチェアのようになっていて、背もたれがあるベンチというものがあります。これであれば、チェアのように快適に腰掛けることができます。

2017-07-11 | Posted in 新着情報Comments Closed 

このページ(商品)に関する問い合わせ

会社名など(会社からのお問い合わせの場合)
必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
ご質問事項

関連記事




店内写真'); ?>
(通話料無料)お電話でお問い合わせを受け付けています。 年中無休 8:00~19:00
TEL: 0120-471-167