ウォールナットは落ち着いた雰囲気で人気

ウォールナット材とは

現在とても人気の木材の一つで、クルミ科の落葉広葉樹です。日本のクルミとも同じ仲間ですが、日本のクルミよりは暗いです。中世より人気の木材で、調度品やアンティーク家具として利用されてきました。家具に一般的に利用されるのはブラックウォールナットと呼ばれる北米原産の木です。最近では、テーブルや椅子などを中心に、多用されている木材です。

人気の理由

その人気のウォールナット材ですが、暗めの木材で雰囲気が落ち着いているのが特徴で、人気の理由をいくつかご説明します。

落ち着いた雰囲気・木目

人気の理由の最も大きいものは、その落ち着いた雰囲気です。明るい木というのが落ち着いていないとは言いませんが、ウォールナットは確かに落ち着いています。暗めの木肌で、その中に不明瞭な木目があります。ほかには見られない暗い色でたいへん落ち着きがあり、上品に見えます。材によっては、グラデーションがかかったような色になっているものもあります。そして、時を経ると風合いが増します。

衝撃に強い、狂いにくい

衝撃に強く、狂いが生じにくい。これは家具としては好ましい特徴です。このような特徴から、椅子やテーブルなど、体重のかかる家具の足によく利用されます。

肌触りが独特

微妙な凸凹(導管)があり、ツルツルした感じというよりも触れると心地よさがあります。口では説明しにくいですが、木の肌触りがあります。

濃い色、薄い色の床に合わせられる

薄い色味の床材にウォールナットの家具を合わせると、アクセントになります。一方暗めの色の床材に合わせるととても調和がとれます。暗めで、木目が主張しすぎないがゆえに、ウォールナットは他とは異なる存在感があります。

人気なので稀少性が高まっています

ほとんどが北米で採れた木材で、他のところから入手することは難しいです。そのため、人気の高まりとともに、稀少性が高まっています。つまり、価格も上昇傾向が続いています。

どんな家具に使われているかというと

縁の細くなったスリムなテーブル

 

ウォールナットのシンプルなチェスト

 

ウォールナット無垢材のソファ

 

ウォールナット 背付きのベンチ

 

ウォールナットのチェア(水色座面)

 

当店納品事例

 

 

2017-07-31 | Posted in 新着情報Comments Closed 

このページ(商品)に関する問い合わせ

会社名など(会社からのお問い合わせの場合)
必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
ご質問事項

関連記事




店内写真'); ?>
(通話料無料)お電話でお問い合わせを受け付けています。 年中無休 8:00~19:00
TEL: 0120-471-167