時間を重ねて「新しく」なるアンティーク家具

Antique 02

Antique 03

Antique 04

 

Antique 06

▼取り扱いアンティーク家具一覧

Antique 36

Antique 10

アンティーク家具のはじまり

一般的に100年以上前に作られた物と言われますが、家具の場合、1910〜1930年代に作られた物が一般的に流通しています。
この時代に作られた家具は、それまでのヨーロッパの様々な古典様式(ゴシック様式、バロック様式と言ったもの)をふんだんに取り入れ融合させています。この様式のことをエクレティック・スタイルとも言われます。サイズ・機能的に一般の家庭で実用できるレベルの物が多いのが特徴です。

宮廷文化が一般庶民にも

ヨーロッパ各国の宮廷で、時代ごとに親しまれた様式があります。その様式は時を経て、1910〜1930年代になると、ヨーロッパの一般庶民にも普及するようになりました。
Antique 11Antique 16Antique 12
Antique 14Antique 18
Antique 21

Antique 29






中央部の天板に丁番で折り畳むことの出来る2枚の板が着いています。その天板を支える可動式の板が門のように見るところからゲートレッグと言われています。17世紀前半に流行したものと言われています。
Antique 25





コモドーという小さなチェストに脚を付けたものがありますが、これをホールの壁面に置いて鏡を飾ったものが15世紀頃からあり、それが発展して出来たものと言われています。

Antique 26






ホールローブとは玄関用の収納家具です。客人のコートなどを掛けるのに使われてきました。これが登場したのはヴィクトリア朝の高貴と言われています。ワードローブの原型とも言えます。
icon_antiqueonline
antique_38
antique_41

当店が取り扱っている英国アンティーク家具は1900から1930年代が中心です。100年近く経過することで、汚れやぐらつき、損傷が生じています。これから長く使っていただくことを考えた上で、見た目のみならず実用性、安全性や耐久性を考慮しました。そのため、オリジナルの風格を損なわないように丁寧に修復を施し、生まれ変わった家具を扱っています。

antique_44

長年オーダー家具造で培った木工・塗装技術を利用した修復が施されています。まず、古い塗装を薄利材で丁寧にはがして、サンディングし、木の特性や元の塗装を考慮して、塗料をブレンドしたり、塗装回数を調整しています。塗装には植物油をベースにした含浸性のある塗料で何度も時間をかけて重ね塗りしています。

antique_46

口にしても問題が無い程度の自然塗料を使用しています。このような塗料は膜を作らないので、木目も木の本来のものを残せます。使うほどにアンティークの木の風合いが際立って更に味わいが増します。お客様が購入された後も、ビーズワックスなどをしみ込ませて手入れしていただけるようにしてあります。100年の時を越えて手にした家具をさらに次の世代に引き継いでいただけるように、という思いを大切にして自然塗料を選びました。

antique_48

antique_50antique_51

antique_54antique_55
antique_57antique_58
antique_60antique_61
antique_63antique_64
antique_66antique_67
antique_69antique_70
antique_72antique_73

Antique 33




店内写真'); ?>
(通話料無料)お問い合わせはお気軽に。 年中無休 8:00~19:00
TEL: 0120-471-167