府中家具の館

'); ?>

飛騨家具

Hidakagutitle

飛騨家具の歴史

飛騨には、奈良平安時代から続く「飛騨の匠」に称される、木づくり文化と伝統があります。

伝統はありますが、新しさも取り入れて洋空間にも適した家具作りも行っているところが多いです。この新しい家具作りも長い歴史の集積の上に成り立ったものに他なりません。
現代の飛騨の家具産業は、大正9年にさかのぼり、日本の洋家具の歴史の源流の一つとも言えます。

大正時代の飛騨・高山は鉄道もなく岐阜から自動車や人力車で二日間以上を要していました。急峻な地形でまさしく陸の孤島と言える土地でした。

そのような僻地と言える場所で家具産業が興ったのには理由があります。自生していたブナ材が周辺地域にあったためです。
それまでは、ブナ材は有効活用されてこなかったのですが、トーネット型の曲げ木椅子を政府の奨励のもと開発しました。

戦後になり、多くのメーカーの創業期を迎えて、ダイニングキッチンに合わせた洋家具を積極的に世に出すことで飛騨家具のブランドは確立されるにいたりました。

 

府中家具の館が飛騨家具を取り扱うと・・・

府中家具の館は府中という家具の産地でありながら、飛騨家具を扱います。

その理由は日本中・世界中の優れた家具をお客様に紹介したいという気持ちにあります。

府中家具はタンスに代表される「箱もの」の家具の歴史があり、それを得意としています。
その良さと新しい形をご紹介するのはもちろんのこと、お客様が思い描く ライフスタイルに適した家具の紹介を第一に考えています。

今回ご紹介する飛騨家具は、「脚もの」に代表される椅子やテーブルです。
府中家具の館では、飛騨の椅子・飛騨のテーブル・府中の食器棚のダイニングの組み合わせなども提案させていただくことも可能です。

 

取扱商品例

[nggallery id=19]