府中家具について | 仏壇製造について | 府中ぶつだん:福山市近郊、広島県府中市の仏壇販売・製造元

府中家具について

Fuchukagu

 

府中家具 の特徴

NewImage

家具製造は原木の厳選より始まり、木の性質や木目の違いを大切にする。タンスの製造の伝統の中で培われた強度を高めるための技術・蟻組み(ありぐみ)などが特徴的です。
塗装は木目の味わいを深めるために行います。 

下準備は特に入念で、木を寝かせる期間は、桐なら3〜5年、ケヤキならば10年以上風雨にさらします。これは製品になった際に反りなどが生じないようにするためです。桐は時間をおくことで、灰汁が抜けます。抜けると一度は真っ黒になります。それを手間ひまかけて洗って表面を削るとよく知られるきり独特の美しい木肌が表に出てきます。この桐は府中家具の特にタンスの内部に使用されます。そうすることで、見た目に加えて、湿気や虫などから衣類を守る機能が高まります。

材料として出来上がった桐は非常に柔らかいので滑らかに仕上げるのは実はとても難しいのです。技術と良く手入れされた道具を駆使して熟練した職人が加工を行います。府中家具にはシンプルなものだけではなく、彫刻を施した装飾も見られ、その技術の高さは一目で分かります。

上記の蟻組みは府中ではさらに角部に「トメ」を付けることで更に強度を高めています。釘を使う際も、引き出しのそこ部分と同程度にすり減るための木やプラスチックの釘も使用するなどの工夫が満載です。そして、引き出しが隙間無く収まるように職人が何度もカンナをかけます。高品質なタンスの引き出しを閉めると、他の段の引き出しが出っ張る現象は、この作業によるところが大きいのです。

それから、最も特徴的な技術として「底板アーチ加工」というものもあります。これは引き出しの底板部を多少反らせることで側面の板に重みを分散することができるようにするための加工です。重いものが入ったときでも、軽く引き出せるようになります。

このような技術をタンスで培った府中家具ですが、素材に対するこだわりと技術の追求はタンス以外の家具にも応用されています。

府中家具の歴史


家具の街 府中において家具作り(タンス作り)がはじまったのは今から290年ほど前で、「宝永年間に備後有麿村の内山円三が大阪で箪笥(タンス)の製法を習得し、帰郷後制作に着手したのが始まり」と記される。

明治期に、農閑期の副業としてタンスや長持ち含む各種木工製品が当地にて製造されていた。大正から昭和にかけて100以上のタンス職人が軒を連ね、朝から晩までノミやカンナの音が響いていたという。
府中で木工業が根付き発展した理由としては、旧街道(石見銀山からの石州街道)の要衝であったことによります。現在の府中は中国山地から伐採された木材が府中を経由して港のある福山などに運ばれたのでした。また気候が木材の乾燥に適していて、ひずみや狂いの少ない良質の製品を作ることができたことによります。
戦後、交通手段の発達により、より遠方に販路を広げていくことができましき、「婚礼セット」を開発することでタンスなどの婚礼家具においてブランドの地位を築いたのでした。
現在においては、婚礼家具・タンスなどで培った技術をもとにリビング・ダイニング・キッチンの家具の開発・生産を展開して府中家具は生まれ変わりつつあります。

 

大正初期の逸話

Sanyoshimbum
山陽新報(現山陽新聞 大正4年、上写真)
大正4年8月に府中市の府中町及び広谷村でタンス生産の概況が記載。
それによれば、満州、韓国にまで出荷をしていたという。当時よりそのブランドは遠方まで知れ渡っていたようです。
府中家具について詳しくは、府中市内にある府中家具木工資料館をお勧めします。Webサイトにも情報が載っています。

府中家具の館と府中家具

NewImage

府中家具の館は、現会長が家具製造の修行を経て、昭和45年に府中市に家具製造メーカーとして設立されました。
その後、小売店もはじめましたが、現在も家具製造メーカーでもあります。
府中家具のタンスはもちろんのこと、府中家具から発展した食器棚なども製造しており、お客様のお持ちの家具の修理なども承っています。
素材へのこだわりを追求した結果、無垢一枚板の加工も行っております。
 

通話料無料ですのでお気軽にご連絡下さい。 TEL 0800-100-5363 受け付け時間 8:00〜19:00(年中無休)

チラシ情報
お買い得な商品を掲載

DMでのみ配布しているお得な情報を記載したチラシをこちらでご確認いただけます。
お買い得チラシについて
アクセス
福山から20分の仏壇店
営業時間 8:00〜19:00(年中無休)
アクセス
google mapで表示
PAGETOP