府中家具の館

壁につけて省スペース、壁から離すと丸テーブルのような使い方:変形テーブル

変形テーブルタイトル

変形テーブルとは、丸でも三角でも四角でもない形をしたテーブルのこと

変形テーブルとはあまり聞きなれない、テーブルの名前ではないでしょうか?
一言で言うと、正方形、長方形、正円、楕円などではなく、円をカットしたような形をしているテーブルなどのことです。

なぜ変形しているの?

その特徴とは、形が個性的なのはもちろんですが、円形をカットしてあることから壁につけて使用できることです。
そのため省スペースになります。
壁から離すと丸テーブルのような使い方ができ、角がないため四角いテーブルより多めの人数が使用することができ、
とても機能的なテーブルです。

いびつな形だから、可愛らしい

正方形、長方形、丸テーブルはとてもよくある形です。素材や脚の形は異なりますが、大きく変化することがありません。
一方、このテーブルは言葉では表現しにくい形のテーブルです。
そのため少し可愛らしく見えます。

カウンターに横付けして設置


キッチンにあるカウンターテーブルの隣に横付けしてぴったりと収まります。
部屋の真ん中に設置
形がユニークなためお部屋のアクセントにすることが可能です。

当店もいくつか種類があります

珍しい形のテーブルではありますが、当店は数多くの変形テーブルの展示があります。

ビーンズ型変形テーブル

ビーンズ型変形テーブル
豆型の変形テーブルで、見た目が柔らかな雰囲気のテーブルです。

変形ダイニングテーブル4点セット(テーブル、チェア2点、ベンチ)

白い変形テーブル
言葉では表現しにくい変形タイプのテーブルです。三角のような、四角のような、丸のようなテーブルです。

変形ダイニングテーブル4点セット(テーブル、チェア2点、ベンチ)

和洋の変形テーブル
こちらのセットは、変形テーブルにソファを組み合わせた、ソファーでくつろげるものになっています。



2019-09-02 | カテゴリ 新着情報 

このページ(商品)に関する問い合わせ

会社名など(会社からのお問い合わせの場合)
必須お名前
必須メールアドレス
ご質問事項

関連記事